講座・ワークショップ

美術館講座

掲載日よりの先着順での予約受付となりますので、ご注意ください。
開館記念イベント
俳句コンテストー美術館を詠もうー
内  容
開館記念イベントとして俳句コンテスト ―美術館を詠もう―を開催いたします。そこで、企画展展示作品および美術館建物を題材とした俳句を募集します。
開催期間
10月31日~11月17日
題  材
企画展「没後20年真鍋博2020」より 真鍋博『六災図(旱ばつ)』など7点
詳細はこちら
審  査
応募作品の中から、最優秀および各題材賞、各審査員賞を選出し、開館記念日イベント当日(11月22日)に発表します。
費  用
不要
親子ワークショップ
10月 ハッピーハロウィン~灯りの飾り~
内  容
ハロウィンの気分を盛り上げてくれる、灯りを使った飾りをつくりましょう。
開催日
10月4日・11日・18日・25日(日)
①10時30分~11時30分・②14時00分~15時00分
対  象
2組(親子ワークショップとなっていますが、一般の方1名からでもご参加いただけます。)
申  込
事前申込・先着順
※両日ともに定員となりました。
費  用
各300円
親子ワークショップ
11月 コラージュ=写真+イラスト+?
内  容
写真やイラストなどを組み合わせてつくる絵(コラージュ)を楽しみましょう。
開催日
11月1日・8日・15日・22日・29日(日)
①10時30分~11時30分・②14時00分~15時00分
対  象
2組(親子ワークショップとなっていますが、一般の方1名からでもご参加いただけます。)
申  込
事前申込・先着順
費  用
各200円
親子ワークショップ
1月 オリジナル植物図鑑を作ろう!
内  容
身の回りの植物をじっくり観察して、自分だけの植物図鑑を作ろう!
開催日
1月10日・17日・24日・31日(日)
①10時30分~11時30分・②14時00分~15時00分
対  象
2組(親子ワークショップとなっていますが、一般の方1名からでもご参加いただけます。)
申  込
事前申込・先着順
費  用
各150円
親子ワークショップ
3月 フェルトのガチャボール
内  容
羊毛を巻き付け、お湯をつけて擦ってみましょう。ふわふわの羊毛がフェルトに変身。
開催日
3月7日・14日・21日・28日(日)
①10時30分~11時30分・②14時00分~15時00分
対  象
2組(親子ワークショップとなっていますが、一般の方1名からでもご参加いただけます。)
申  込
事前申込・先着順
費  用
各300円
連続講座
みる、しる、真鍋 博
内  容
①真鍋 博の魅力を作品とともに語ります。
②豊富な画像とともに真鍋の知られざる一面をお話します。
開催日
①10月24日(土)
②11月29日(日)
各14時00分~15時30分
※1回の参加も可能です。
対  象
一般 各30名
申  込
事前申込・先着順
費  用
不要
連続講座
みることを考える
内  容
作品をみることは視覚だけで「みる」ことでしょうか?「みる」を一緒に考え、視覚以外でみることを試してみませんか?
開催日
①「みる」を考える 1月30日(土)
②取り組みについて 2月20日(土)
各14時00分~15時30分
※1回の参加も可能です。
対  象
一般 各30名
申  込
事前申込・先着順
費  用
不要
連続講座
みる、しる、浮世絵の魅力
内  容
①浮世絵の作り方や年代の見分け方を、ワークショップ形式で楽しく学びます。
②浮世絵と日本画の違いって何だろう。
開催日
①浮世絵を楽しもう 2月6日(土)
②浮世絵と日本画 3月6日(土)
各14時00分~15時30分
※1回の参加も可能です。
※①は企画展観覧料が必要です。
対  象
一般 各30名
申  込
事前申込・先着順
費  用
不要
(クリックするとPDFが開きます)
注意事項
  • 各講座の前日までにお申し込みください。
  • 空きがある場合のみ、当日受け付けます。
  • 先着順となっております。
  • 受講の可否については、美術館より申し込み方法と同様の手段にて、
    ご通知します。(電話になることもあります。)
  • 材料代・講師等については、変更になる場合があります。
お申し込み方法

・メールでお申し込みの場合は、予約フォームよりお申し込みください。
電話(089-932-0010)またはFAX(089-932-0511)の場合は下記の事項をお知らせの上、お申し込みください。

希望講座名 ・郵便番号 ・住所 ・氏名(フリガナ) ・年齢 ・電話番号

※返信があった時点で、受付完了となります。

※メール、FAXでお申し込みの方は、2営業日を過ぎても返信がない場合はお手数ですが、お電話にてご確認ください。

お問い合わせ・お申し込み先
愛媛県美術館 学芸課
〒790-0007 松山市堀之内
TEL 089-932-0010 FAX 089-932-0511

土曜講座

愛媛県美術館の学芸員等が日々の経験や研鑚を通じて学んだことを紹介します。
開催日: 毎週土曜日
時 間: 14 時~(1時間から1時間半程度)
場 所: ハイビジョンギャラリー等
参加費: 無料(内容によっては観覧券、材料費が必要になる場合があります。)

 

 

コレクショントーク

愛媛県美術館の所蔵作品を中心に行う対話型鑑賞プログラムです。
開催日: 毎週水・金・日曜日
時 間: 14時~(1時間程度)
場 所: 新館2階常設展示室
参加費: 高校生以上の方は所蔵品展観覧券または友の会会員証をご持参の上、ご参加ください。

※コロナウイルス感染拡大防止対策のため、当面の間お休みします。 

展覧会プログラム

企画展に応じ、様々なイベントを開催しています。
各展覧会のページをご参照ください。

イベント

開館記念日イベント「俳句コンテスト―美術館を詠もう―」の審査結果を発表いたします!

 

最優秀賞

鷹尾明美 様  

「未来図にそっと吾置く日の短か」題材番号➁《〔未来のハイウェイ〕》

 

各題材賞

◇『六災図(旱ばつ)』賞  ◇『〔未来のハイウェイ〕』賞

夜見 様    

「秋の浜いずれ己を食う竜よ」

 

友近芙美子 様

「瑠璃に描く未来のクルマ冬日差す」

 

◇『七瀬 時をのぼる』賞

◇『婦人像(ショールの女)』賞

日暮屋又郎 様 

「秋思かもしれぬ船室の丸窓」

 

武井日出子 様

「暗き眼の婦人のまとふ白ショール」

 

◇『水の反映』賞 ◇『恋人達 または、2つのトルソの親密性』賞

栗田好子 様  

「やがて雪舞ふみづうみの黙淡し」

 

住田貴子 様 

触れたくて触れられぬ君冬芽吹く」

 

◇『愛媛県美術館建物を含む風景』賞  

芳谷妙子 様  

「ミュージアムのガラス一面秋惜しむ」 

 

 

審査員賞

◇『館長賞』

瀬戸薫 様   

「水門は湖の臍風光る」題材番号⑤《水の反映

 

◇『キム・チャンヒ賞』

マーペー 様  

「ロボットの支配する世に雨を乞う」題材番号①《六災図(旱ばつ)

 

◇『福谷俊子賞』

長尾英世 様  

「空縦横に未来の街の冬晴るる」題材番号➁《〔未来のハイウェイ〕》

Copyright © 2017 The Museum of Art, EHIME (JAPAN) All Rights Reserved.