利用案内

開館時間・休館日

開館時間

9時40分~18時
(入室は17時30分まで)

※南館の県民ギャラリーも同じく18時に閉室します。

※実行委員会及び貸展については、入室時間が異なることがあります。各展覧会のページでお確かめください。

休館日

月曜日
(祝日及び振替休日に当たる場合は、その翌日)

ただし毎月第一月曜日は開館、翌火曜日が休館。

(年末年始 12月29日~1月3日)

年間休館日カレンダー(PDF)

観覧料

コレクション展

一般 310円(250円) 
高大生 200円(160円)

※カッコ内は、20名以上の団体料金となります。

※企画展チケットをお持ちの方はコレクション展観覧料が無料となります。

企画展観覧料は展覧会のページでご確認ください。

次の方は、コレクション展観覧料が免除されます。

A:小中学生

B:満65歳以上の方(要証明書提示)

C:療育手帳をお持ちの方(要手帳提示)

D:身体障害者手帳をお持ちの方(要手帳提示)

E:精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方(要手帳提示)

※未就学児は無料です。

※C・D・Eの方で介護が必要な場合は、介護者も免除されます。

※詳しくは美術館へお問い合わせください。

 

交通案内

公共交通機関でお越しの方
JR松山駅前から、道後温泉又は市駅前行き市内電車で5分。
「南堀端 愛媛県美術館前」下車、徒歩1分。
松山観光港から、リムジンバスで30分。「市駅」下車、徒歩5分。
松山空港から、車で約15分。リムジンバスで20分。「市駅」下車、徒歩5分。
車でお越しの方
堀之内公園内に美術館専用の駐車場はありません。

県庁西駐車場(進入は左記地図上の堀之内東側・県庁の西側)をご利用いただけます。ただし、駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。
なお、駐車時間は2時間を超えないようにご協力ください。

県庁西駐車場が満車の場合は、交通渋滞を招きますので、路上での入庫待ちはご遠慮ください。

周辺の有料駐車場は次の通りです。(駐車料金はお客様でご負担ください。料金は各自でご確認ください。) >周辺の有料駐車場のご案内(googleマップで周辺駐車場を見る)

松山市役所前地下駐車場(有料)のご案内(松山市ホームページを見る)

身体障がい者専用駐車場
美術館周囲に4台のパーキング・パーミット専用駐車場があります。
(予約はできません)
利用については、美術館南館正面(NHK側)よりお入りいただき、
南館正面に2台・南館側面に2台の空いている箇所に駐車してください。
なお、堀之内への車両の進入は城山公園口のみとなっております。
ご不明な点については、南館正面ポール脇のインターホンでお尋ねください。
自転車でお越しの方
南館前の駐輪場をご利用ください。

バリアフリー

  • 美術館周辺にパーキング・パーミット専用駐車場が4台あります。
  • 新館(1階・2階)、南館(1階)に、身体障がい者用トイレを併設しています。なお、南館(1階)にはオストメイト対応トイレを完備しています。
  • 車椅子 は、新館7台・南館2台、ベビーカーは新館3台・南館1台の貸出を行っています。
    ※来館時、総合案内(新館)及びふれあいアートセンター(南館)の係員までお申し出ください。
  • 新館(1階)の託児室は授乳及びオムツ替えにご利用できます。
  • 盲導犬、聴導犬及び介助犬を同伴して入場できます。

お願い

当館は美術鑑賞を主目的とするお客様のために開放されている施設です。
下記の内容(作品保全及び他のお客様へのご迷惑になる行為)にご協力をお願いします。

美術館内

  • 決められた場所以外での飲食(飴・ガムを含む)はご遠慮ください。喫煙はご遠慮ください。

    ・飲食物がこぼれると虫やカビの発生の原因になりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。新館1階西館のレストラン、新館1階南面のウォータークーラーをご利用ください。なお、南館エントランスでの飲食は可能です。当館は全館禁煙となっております。

  • 新館内への動植物および危険物等のお持ち込みはご遠慮ください。

    ・身体障がい者の方は、補助犬を同伴してご入館いただけます。

    ・虫や花粉が作品へ影響を及ぼすことがないように事前に防止するためです。また、造花についても、来館者の方の誤解を生むため、併せてご遠慮いただいています。

  • 美術館(敷地内)で、ブライダル写真等、各種の商業撮影(写真撮影・ビデオ撮影等)は、無許可での撮影をお断りしています。

    ・上記の撮影を行う場合は、撮影業者より、撮影日時・場所・内容について、事前に美術館にご相談ください。内容によっては許可できない場合もありますので、ご了承ください。展示室での撮影、展示物の映り込みはお断りしております。なお、コレクション展、企画展等を観覧している一般来館者の方のご迷惑にならないようにご配慮いただくことになります。

展示室内

  • 作品および展示ケース等にお手を触れないでください。

    ・ガラスやアクリルが汚れて鑑賞の妨げと
    なる、また作品に思いがけず危険が及ぶ恐れがあるため、展示台や壁等も含め、お手を触れるのをご遠慮いただいています。

  • 携帯電話のご使用はご遠慮ください。

    ・電源を切るかマナーモードに設定していただき、やむを得ずご使用になる際には、一旦展示室の外に出ていただきますようお願いいたします。

  • 撮影および模写はご遠慮ください。

    ・著作権の管理および作品鑑賞に集中できる環境の保持のため、撮影、模写はお断りしています。例外的に一部可能な場合がありますので、スタッフにお尋ねください。また、フラッシュ、追加照明、三脚・一脚・自撮り棒等のご利用、動画の撮影はご遠慮いただいております。

  • 鉛筆以外の筆記用具のご使用は
    ご遠慮ください。

    ・シャープペンシル・ボールペン・万年筆・毛筆等は作品を汚損する可能性があるため、お断りしています。鉛筆の貸出を行っていますので、スタッフにお声掛けください。

  • 大きな手荷物、
    傘のお持ち込みはご遠慮ください。

    ・コインロッカー、傘立てをご利用ください。コインロッカーに入らない大きさのものは受付でお預かりします。手荷物の中に入れた折り畳み傘はお持ち込みいただけます。

館内で快適に過ごしていただくために

・展示室内は作品保存に適した温度や湿度に設定しています。肌寒いと感じられることがありますので、必要な方はショールや上着などをご準備ください。

・上記の行為、作品保全を損なう行為、及び、他のお客様への迷惑行為であると判断した場合は、スタッフがお声を掛けさせていただくことがあります。

Copyright © 2017 The Museum of Art, EHIME (JAPAN) All Rights Reserved.