所蔵品展

概要

愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会開催記念 侍 samurai の美
2017年9月9日(土)~11月6日(月)
スポーツマンシップは武士の道に通じます。スポーツ選手は現代のサムライです。今回の展示では、えひめ国体・えひめ大会に集う現代のサムライたちへの応援の意をこめて、古今の美術に表された侍の勇ましさと美しさを御覧いただきます。
一番の見所は、松山藩の殿様たちの鎧兜と、重要文化財指定の刀剣です。いずれも伊佐爾波神社と東雲神社に伝わる名宝で、両神社の宝物が一堂に会するのは史上初となります。その他、当館の所蔵品から、源平合戦を描いた絵画や、古代の武人を表した彫刻等も展示します。
正岡子規生誕150年記念・柳原極堂生誕150年記念 子規門下の人々
2017年7月19日(水)~10月9日(月・祝)
今年は正岡子規と夏目漱石の生誕150年です。この展示では、名著『子規門下の人々』を書いた阿部里雪が大切に保管していた俳句関係作品資料コレクションを中心に、正岡子規とその門下の人々の書や絵画を御覧いただきます。
武智光春コレクション 福田平八郎 夏・秋の風物
2017年7月19日(水)~10月9日(月・祝)
松山市出身の装こう家・武智光春氏よりご寄贈いただいた福田平八郎作品の中から、夏・秋の季節にふさわしい主題・色合いの作品を選んで展示します。
20世紀の挑戦:ヨーロッパ美術の新展開
2017年7月19日(水)~10月9日(月・祝)
ヨーロッパの20世紀美術は「イズムの時代」と呼ばれ、明確なコンセプトのもとに創造された多様な様式が混在しています。カンディンスキーの抽象絵画やロートのキュビスムによる肖像画、アルプのシュールな彫刻など、知的刺激に充ちた実験的作品を介して、時代の息吹を感じ取って頂ければ幸いです。

開館時間

9時40分~18時(入場は17時30分まで)

観覧料金

観覧料 一 般 団 体
大 人 300円 240円
高大生 200円 160円

※企画展チケットで所蔵品展もご覧いただけます。

次の方は、所蔵品展観覧料が免除されます。
A:小中学校
B:満65歳以上の方
C:療育手帳をお持ちの方
D:身体障害者手帳をお持ちの方
E:精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方

※C・D・Eの方で介護が必要な場合は、介護者も免除されます。

Copyright © 2017 The Museum of Art, EHIME (JAPAN) All Rights Reserved.