教育普及

COLOURS OF EHIME 公開制作の報告

愛媛県県民総合文化祭20周年記念事業

COLOURS OF EHIME 井出創太郎×MAYA MAXX×ミヤタケイコ

愛媛県県民総合文化祭20周年記念事業として、愛媛の風土の中で育まれ、受け継がれている文化や暮らしを糸口に、作家、人、素材を結ぶアート・プロジェクトを行います。今回のプロジェクトに参加する作家は、井出創太郎(銅版画)、MAYA MAXX(画家)、ミヤタケイコ(立体テキスタイル)の3名です。そのプレイベントとして、作家が愛媛の文化や素材と向き合い、愛媛県美術館にて制作を試み、その現場を一般に公開します。また、秋にはプロジェクトによる作品や活動を紹介する展覧会を開催し、会期中には、プレイベントで作家が取り上げた素材、テーマで作家と一般参加者による共同制作を行なうワークショップを行います。このプロジェクトにおいて、それぞれのカラーを持ち合わせた3名の作家が、愛媛で新たな素材や人と出会ったとき、どのような反応を巻き起こすのか、多くの方にその瞬間に立ち会っていただきたいと思います。

井出創太郎(いで そうたろう)

2007年8月4日(土)15時~16時
2007年8月5日(日)10時~15時
(作家不在時あり)

愛媛県美術館南館 アトリエ1

かつて銅山で栄えた別子の山深い谷あいに、災害で亡くなった人たちを供養する「蘭塔婆」が建てられました。今、自然の中に帰ろうとしている山中に象徴的に佇む「蘭塔婆」を人とつながる場所として銅版画で制作します。

MAYA MAXX(マヤ マックス)

2007年8月23日(木)10時~17時
(作家不在時あり)
愛媛県美術館南館 3Fギャラリー
今治タオルを用いた、手さわりの心地よいバスローブ。その上に「愛媛」のイメージをふくらませて絵を描きます。その名も「着る見るローブ」。鑑賞するだけはなく、直接羽織って感触を味わう作品を制作します。
タオル製作協力:丸栄タオル(株)

ミヤタケイコ

2007年8月4日(土)10時~17時
(作家不在時あり)
愛媛県美術館南館 アトリエ2
以前から関心を持っていたという、南予の祭に出てくる首の長い架空動物(?)を、今治タオルと伊予絣を使って制作します。平面の生地がどんなフシギドーブツ(立体)に変身するかお楽しみ!
タオル製作協力:(株)藤高

主催

愛媛県 愛媛県教育委員会 県内市町 県内市町教育委員会 (財)愛媛県文化振興財団 愛媛県文化協会   愛媛県県民総合文化祭実行委員会

後援

愛媛新聞社、朝日新聞松山総局、毎日新聞松山支局、読売新聞大阪本社、 日本経済新聞松山支局、産経新聞松山支局、NHK松山放送局、南海放送、 テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、エフエム愛媛(申請中のものを含む)

私達も20周年記念事業を応援します!

協賛企業:(株)伊予銀行、(株)愛媛銀行、愛媛県信用農業協同組合連合会、今治造船(株)、伊予鉄道(株)、四国ガスグループ(四国ガス(株)、四国ガス燃料(株)、 四国ガス産業(株))、(株)新来島どっく、ダイキ(株)、(株)フジ、三浦工業(株)、 ユニ・チャームプロダクツ(株)、宇和島信用金庫、セキ(株)、(株)レデイ薬局

このページの先頭へ