アトリエ

ピンホールカメラ

ピンホールカメラを作ろう。

個人で用意するもの

  • 空き箱
  • アルミ缶
  • ツヤなしの黒ペンキ
  • 黒のテープ(ガムテープかビニールテープ)
  • 黒のとあたりテープ
  • 紙ヤスリ

お貸しできるもの

  • 定規
  • 金ヤスリ

作業工程

ピンホールカメラの作り方

1.針穴をあける

アルミ缶を3cm角に切り、そのまん中に針先で穴をあけます。

ポイント!針穴は0.3mmくらい。ルーペを使ってはかりましょう。

ポイント!針先で穴をあけたときにできるめくれは紙ヤスリでとりましょう。

2.箱に穴をあける

箱の中心に1cmくらいの穴をあけます。

ポイント!金属の箱は、穴をあけるとめくれができるので金ヤスリでとりましょう。

3.黒くぬる

箱の内側、アルミ片をツヤなし黒ペンキでぬります。

ポイント!2度ぬりしましょう。

4. アルミ片をはる

箱の穴のまん中に、アルミ片の針穴がくるようアルミ片をテープではります。

ポイント!すきまから光がはいらないよう、しっかりはりましょう。

5.とあたりテープをはる

針穴と向き合う面に印画紙を固定するために、とあたりテープをはります。

ポイント!とあたりテープのかわりに、すきまテープやわりばしでもいいよ。ただし、どれも黒くないとダメ!

6.フタと本体の周りをテープでふさぐ

フタと本体の境界(さかい)の周りをテープでふさきます。

7.針穴をテープでふさぐ

針穴をテープでふさぎます(これがシャッターになります)。

ポイント!テープの先は、はがしやすいように、折り返しておきましょう。

紙箱の場合

6.すきまをテープでふさぐ

すきまをテープでふさぎます。
フタと本体の境界をふさぐテープは、印画紙を入れるたびにはがすので、テープがあたる紙の部分がいたまないようテープでカバーします。

次の工程

ピンホールカメラで撮影


How To 一覧に戻る

このページの先頭へ