アトリエ

リトグラフ

水と油の反発作用による平版です。
紙に描くのとほとんど同じイメージを刷ることができます。

個人で用意するもの

  • アルミ板(イメージサイズより各辺10cm程度大きなもの)
  • 描画材(リトクレヨン、ダーマトグラフ、解墨)
  • 弁柄紙(紙に弁柄をエタノールで溶き塗布したもの)
  • ラズン(販売あり)
  • タルク(販売あり)
  • 製版液(アラビアゴム液+リン酸1%)
  • プリントクリーナー(販売あり)
  • チンクター(販売あり)
  • 製版液2(アラビアゴム液+リン酸2%)
  • プリントインク(販売あり)

 ※「販売あり」は、美術館友の会で少量販売もしています。

お貸しできるもの

  • 平版プレス機(90×80cm)
  • 製版墨ローラー
  • ローラー
  • 乾燥棚

作業工程

描画

1.イメージサイズの枠線をカッターで引く

イメージサイズより各辺10cm程度大きなアルミ板を用意し、イメージサイズを解るようにカッターで印を入れておきます。

2.T字見当をつける

T字見当をつけます。

3.イメージの画面の外側にアラビアゴム液(SK液)を塗る

余白部分に描画材が付かないように、アラビアゴム液(SK液)で保護膜をはります。
大き目の刷毛で1のイメージ枠の中に入らないように塗ります。

4. 描画する

リトクレヨン、ダーマトグラフ、解墨などの油性のもので描画します。
※下絵をトレースするときは、油性のカーボン紙ではなく、弁柄紙(紙に弁柄をエタノールで溶き塗布したもの)を使用します。
※解墨は水やテレピン(プリントクリーナー)で好みの濃さに解きます。

第一製版

5.描画部分にラズンをつける

白い粉状のラズンを描画部分に振り、布で描画全面にすりこみます。

6.描画部分にタルクをつける。

ラズンと同様に描画部分に振り、布ですりこみます。
ラズン・タルクには、描画部分の定着と酸から版を保護する役割があります。

7.製版液をつける。

製版液(アラビアゴム液+リン酸1%)をスポンジで素早く均一に塗布します。
何度もこするとダマになったり不均一になるので、素早く塗布します。

8.乾拭きをする。

製版液が乾ききらないうちに、ウエスで描画部分がとれないように、叩くように乾拭きして乾かします。
あまり強くこするとゴム膜が薄くなりすぎ、汚れの原因になるので注意します。

9.12時間放置

液が作用するように12時間以上放置します。
第二製版は、刷り当日に行います。

第二製版~刷り(準備中)

このページの先頭へ