アトリエ

親指ピアノ カリンバ作り

アフリカの楽器!

共鳴箱の上に竹や鉄を取り付け、指でキィーを弾いて音を出します。
アフリカでは、全土に分布し、形やキィーの本数等多様です。
呼び名も[ンビラ][サンザ][サンサ][ルケンベ][カリンベ]など様々です。

個人で用意するもの

キィー ピアノ線(直径1~1.5mm)、7~12cm程度の長さを10本程度
[傘の骨や自転車のスポーク等でも代用可能]
押さえ棒 ピアノ線(直径3mm)を30cm程度
[真鍮・網・鉄の針金等でも代用可能だが、堅い方が良い]
針金 押さえ棒を取り付ける針金
天板 厚み8mm程度でハガキ大程度の大きさ
側板 幅3cm×厚さ7~10mm
底板 厚さ3mm程度で天板と同じ大きさ

応用

  • アルミ缶
  • 塗料
  • 薄い紙
  • ガストーチ缶

お貸しできるもの

  • 金床
  • 金槌
  • ガストーチ
  • ベンチ
  • ヤスリ
  • 糸のこ
  • サンダー
  • 木工用ボンド
  • カッター
  • 電動ドライバー
  • C型クランプ

作業工程

親指ピアノ カリンバ作り

1.キィー

ピアノ線を7~12cm程度に大型ペンチで切断し、ペンチで挟み先端をバーナーで熱し、金床の上で金槌で叩き、平たくつぶし水に付ける。

ピアノ線は、5mm程度でずらしながら多様な長さを作ると音階ができる。

また、先をヤスリで削り安全にする。

2.天板、側板、底板

天板、側板、底板を糸のこで適当なサイズに切断し、直径1~2cm程度の穴を開けておく。

天板に下の図面の様に、押さえ棒を2本平行に取り付ける。

設置場所を決め電動ドライバーで穴を開け、針金を通し裏でペンチを使いきつく紋める。

3.押さえ棒

押さえ棒の上に、直角になるように 1. で作ったキィーを置き、2本の押さえ棒の間に最後の押さえ棒を置き、きつく締め付ける。

4. 調音

キィーの長さを調節して、調音をする。

5.共鳴箱

共鳴箱として、側板と底板を木工用ボンドで取り付け、C型クランプで30分程度しっかり張り付くようにする。

最後に、サンダーで周囲を整えて出来上がり!

このページの先頭へ